パッシブソーラーシステム
「そよ風」




建築的な工夫とシンプルな設備で温熱環境を調節する
理に適った機構だと思います。とってもお勧めです。

「そよ風」の特徴
   冬の特徴       夏の特徴 
太陽エネルギーを使った暖房  放射冷却を利用した涼風取り入れ
  自然エネルギーを使ったエコな暖房  屋根の外で排気をするので、屋内に熱を入れない
熱交換をともなう換気  夏の循環運転
  暖めた空気で換気が出来ます。     循環運転を行う事で、エアコン等で冷やした空気を全体に廻します。
全館暖房  屋根の熱を家の中に入れない
   暖かい空気を 床下全体に送るので、家全体に廻ります。     夜間の放射冷却を利用して涼風取り入れ運転を行います。 




「そよ風」のしくみ
 冬の日中  
   冬の日中、金属屋根は暖められます。

暖められた空気は、ファンによって屋内に
取り込まれます。

床下の蓄熱層(土間コンクリート)は、暖めら
れた空気によって、
蓄熱されます。
   
 冬の夜  
夜は蓄熱層からの放熱で、室温を保ちます。 
   
 冬の夜と循環運転  
  冬にエアコンやストーブなど暖房を着けた場合、暖められた空気は上部に上がってゆきます。
循環ボタンを押すと、天井面の暖かい空気を再び床下に送り、暖房効果を高めることが出来ます。 
   
 夏の夜  
  夏の夜、放射冷却により金属屋根は冷やされます。
金属屋根の下の冷やされた空気をファンにより床下へ送られます。
床下の蓄熱層(土間コンクリート)は冷気に触れることで、蓄冷されます。 
   
 夏の日中  
  夏の日中、金属屋根は高温になります。
屋根下の熱せられた空気は、ファンによって、屋根の上に排気されます。 
   
 夏の日中と循環運転  
   循環ボタンを押すと、天井面から吸い込んだ空気をファンによって、床下に送る事が出来ます。

蓄熱層(土間コンクリート)によって冷やされた床下の冷気を室内に吹き出し、室内を涼しくします。